教育計画

学校経営の基調
 創意を生かし、新しい学校像を目指した学校経営の推進
○ 県の教育指導の重点努力点及び市の教育行政基本方針を踏まえて
○ 地域社会の実態を踏まえて
○ 保護者の実態を踏まえて
○ 児童の実態を踏まえて
 


学校教育目標
 かしこく
 ──
 進んでよく考える子
○ 基礎的・基本的な知識や技能、態度が身に付いている。
○ 自ら目標や課題を持ち、探求的に学ぶことができる。
 たくましく ── 健康でねばり強い子
○ 命の大切さを知り、健康や安全に関心を持つ。
○ 自分の体力や体調を知り、力いっぱい運動できる。
○ 汗して育て、働くことの喜びを持ち、その尊さがわかる。
○ 失敗や困難にくじけず、最後まで頑張る気力や体力がついている。
 あたたかく ── 明るく思いやりのある子
○ 生活のきまりを守り、自立的で他人に迷惑をかけない行動ができる。
○ 相手の立場や気持ちを理解し、笑顔でありがとう、ごめんなさいが素直に言える。
○ 物を大切にして、作る人、働く人、お世話をしてくれる人への感謝の気持ちをもつことができる。
○ 自然と親しみ愛護・保全に務めることができる。

学校経営方針
「協力・創造」(3つのS Security 安全 Smile 笑顔 Study 研鑽)
  〜学校は安心・安全が根底にあり、そこから豊かな人間関係が生まれ、学ぶ意欲へとつながる〜
○ 学校教育目標の具現化を目指す中、教職員相互の和と信頼のもとに児童の安心・安全、健康を守りぬく学校づくりをすすめる。
○ 無限の可能性をもつ児童一人一人を多面的に見つめ、個性の伸長を図るとともに明るく笑顔の絶えない学校づくりをすすめる。

○ 日々の教育活動を大切にし、実践と研鑽をとおしながら児童・保護者・地域・職員にとって「魅力ある学校」づくりに努める。


教育指導の重点
 学習指導
○ 生きる力を育む授業の創造を目指す
 生徒指導
○ 心豊かな児童の育成を目指す  → 
「幸松小・いじめ防止基本方針」
 道徳教育
○ 人間としての生き方を身に付け実践できる児童の育成を目指す
 特別活動
○ 児童一人一人の個性の伸長を図るとともに、集団や社会の一員としての自覚を深めさせ、自主的、実践的な態度の育成を図る。
 総合的な学習の時間
○ 自ら学び自ら考え、問題を解決する力などの育成や学び方やものの考え方などの習得を目指すとともに、自己の生き方を考える
  ことができる児童を育成する。

 学校教育相談
○ 児童のもつ悩みや不安などを解消するための支援を通して、よりよい人格の形成を図る。
 体育
○ たくましい体と豊かな心を持った児童を育成する。
 健康・安全教育
○ 生涯にわたって心身ともに健康で安全な生活を主体的に実践できる児童を育成する。
 人権教育
○ 部落差別をなくしていくことのできる児童の生き方を着実に育てる。
 特別支援教育
○ 一人一人の障害の状態、能力及び特性等に応じた指導の充実を図る。


学校研修課題
「自分の考えを深め、進んで表現できる力の育成」
〜思考力・表現力の育成を目指して〜

 主たる教科・領域・・・・算数
 「幸松小学校グランドデザイン2017」